延滞したらどうなるの?

キャッシングやカードローンを利用する際に絶対にしてはいけないこととされているのが返済の延滞です。
もちろん住宅ローンなどの銀行におけるローン融資でもいけないことですが、延滞は金融機関において極めて大きな問題として扱われます。
ではキャッシングなどで返済を延滞してしまった場合には何が起こるのかというと、まず発生するのは業者からの連絡です。
この段階では業者側が返済を滞納している顧客に対して「返済が遅れていますが何かありましたか」という確認を入れることになります。
実際のところここでうっかりしていたとして謝罪してすぐに振り込めば問題はありません。
もちろん本来であれば延滞など起こすべきではありませんが、うっかり支払日を忘れていたという人は多いのです。
ただこの連絡を無視したり、振り込むと約束したにもかかわらず放置していた場合には再び何度かの連絡が入り、それを無視し続けた場合には裁判所からの通知が来て強制執行、つまり取り立ての準備が始まるのです。
こうなってしまうとあとはもう取り立てを黙って受けるか、債務整理などの法的対処をしていくしか無くなります。
またよく言われるのが「滞納するとブラックリストに載せられる」ということですが、この信用情報に金融事故の情報が残るタイミングは業者によって扱いが異なります。
ただ一般的には三回滞納を発生させると異動という金融事故が信用情報に記録されますから、三回滞納すると数年間借金はできなくなるでしょう。