総量規制対象外

総量規制はかつての貸金業界で収支バランスが崩壊して債務整理などの道を選ばざるを得なかった人が多発したために作られた、貸金業者に対する貸付総額の制限です。
これによって収支バランスが崩壊する事態はかなり減少しましたが、しかし利用者からすると借り入れできる金額が少なくなるということで「総量規制外のカードローンは無いのか」という声もよく挙げられています。
ただ総量規制外の業者を見つける方法は非常に簡単です。
それは「銀行系かどうか」だけをチェックすれば良いのです。
まずそもそも、この制度は貸金業法によって定められる融資額の制限です。
貸金業法という名前からもわかるように、この法律は貸金業者の経営を制限する法律であり、その他の事業に対して制限をかけるものではありません。
しかし銀行はどうかというと貸金業者では無いのです。
銀行に対して制限をかける法律は銀行法ですから、貸金業法で定められた総量規制の対象にはならないわけです。
ただしかし、だからと言って無条件に利用を検討できるのかと言われるとそうでもありません。
というのも銀行で行われている融資はかなり厳しい審査の末に結論が出されるからです。
ここは消費者金融とは全く異なる点で、通常の消費者金融であれば問題ない程度の信用の瑕疵であったとしてもリスク要因として考え、融資をしないという結論に至ることが多いのです。
従ってもし総量規制対象外のカードローンを探している理由が「さらに多くの借り入れをしないと返済が出来ない」というような状況なのであれば、審査通過の可能性は極めて低くなりますから注意しましょう。