利用限度額を増やす方法

銀行のカードローンは消費者金融と違い、総量規制に縛られることなく貸し出しをすることができます。商品としてのローンの貸し出し上限は設定されていますが、借りる側の年収に左右されないため、いくらまで貸し出しをするかは銀行側の判断によります。銀行カードローンで増額をするにはいくつかのコツがありますが、うまく増額することが出来ると金利も低くなっていきます。
金融機関は増額可能な場合はメールや銀行口座へログイン後の画面で案内をしてくれますが、そういった通知がない場合でもじぶんで申請することによって、審査をしてもらうことが可能です。案内が出ていた場合でも審査は必ず必要となりますので、日ごろから利用状況についてはしっかりと注意しておかなくてはなりません。もし滞納していた場合は信用を失ってしまい、増額申請が通らないこともあります。信用情報の評価が下がっていると、他の金融機関への申込みやクレジットカードを作るときにも影響が出ることがあります。また、規制による限度額の上限がないとは言っても本人の支払い能力以上の貸し出しをすることはできませんので、高い限度額を貰うためには一定の収入が必要です。金融機関では大口の契約になれば収入証明書が必要になりますが、いくらから必要になるかは銀行によって異なります。他社を含め借入残高が多い場合にも、審査が通らないこともあります。審査では他社での利用実績や借入状況なども確認することができます。