利用限度額について

クレジットカードやカードローンには限度額というものがあります。中には超VIP向けの限度額が設定されていないようなクレジットカードもありますが、一般の人がそういったカードを手にすることはまずないと考えておいて良いでしょう。
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。キャッシング枠はカードローンのようにお金を借りることが出来る枠です。設定された金額を上限にお金を借入することができます。実はカードローンの場合は金融機関と上手に付き合うことで、限度額を増額したり金利の引き下げ交渉をすることが可能です。
限度額の増額には審査が必要となり、利用実績や他社での借入状況などを参考にして判断されます。利用額が増えると月々に必要な返済額も大きくなることがありますので、予め金融機関のホームページで確認しておくと良いでしょう。残高スライドリボルビング方式となっている会社では残高が大きくなればなるだけ返済額が大きくなり、減少してくると少額の返済でよくなります。支払い方法はいろいろあり、毎月定額のものも存在しています。契約内容によって異なりますので、支払い方法については契約前にしっかりと確認しておくことが大切です。支払い方法が違うだけで最終的にしはらう利息が大きくなってしまうこともあります。金利が低い銀行系のカードローンでも長期で利用をしているとなかなか元金が減らず、利息だけを払い続けることになるケースがありますので、余裕があるときに随時返済することも大切です。